相続税を減らす方法

電卓

合法的に税金を減らせる

それぞれの国には税法があり、税法に従って税金が徴収されます。消費税のように申告などなく徴収されるものもありますが、所得税のように申告した上で納税するものもあります。所得税は所得があれば発生するので比較的身近ですが、あまり申告や納税の機会がない税金もあります。相続税は、親族などが亡くなって相続を受けるときに発生する税金です。基礎控除以上の遺産があるとかかるので、生前からしっかり節税対策をしておく必要があります。相続税の節税対策の一つとして使われるのが生命保険への加入です。現金をそのまま相続すると、その金額分が相続財産として相続税の計算がされます。生命保険は、法定相続人一人当たり500万円の控除が受けられ、控除した残額が相続財産に算入されます。財産として現金1千万円があるとき、現金だと1千万円がそのまま相続財産になりますが、生命保険で受けるようにすれば法定相続人2人いればそれだけで相続財産をゼロにできます。合法的な節税対策です。生命保険を節税対策として使うときには一定の注意も必要です。それは契約の仕方です。3者の決め方を間違えると、相続税以外の税金となるために節税対策にはなりません。契約者と受取人が同じだと所得税となります。3者すべてが異なると贈与税になるためかなり税金を払わなくてはいけなくなります。普通に決めれば問題はないでしょうが、その契約の仕方で問題がないのかきちんと確認しておきましょう。問題があれば受取人の変更などをしておきましょう。

Copyright© 2018 保険の見直しに役立つ家計簿診断【お金のプロにスムーズに相談】 All Rights Reserved.